ハウスの意味

※必ずプレセッションアストロロジー式のホロスコープでお読み下さい。

 

ハウスは主にアンギュラー(活動)、サクシデント(不動)、カデント(柔軟)の3種類に分けられます。それぞれ1〜12室まで、牡羊座〜魚座が順番にその性質を請け持ちます。

この3分類には以下の傾向があります。
hangアンギュラーハウス(1室・4室・7室・10室)
活動サインのナチュラルハウスです。
物事の始まり、実際の行動や経験を担当するハウスです。アンギュラーハウスに天体が入ると、その天体の活動が活発に、能動的になり、ホロスコープ全体への影響力が強まります。ハウスのサイクルのはじまりであり「始める、生み出す」段階を担当します。行動を促すハウスです。
hsakサクシデントハウス(2室・5室・8室・11室)
固定(不動)サインのナチュラルハウスです。
サクシデントハウスに天体が入ると、安定させる、固定化する、継続する傾向があらわれ、その天体に安定感が出ます。アンギュラーハウスで起こしたことを「定着・安定」させる段階を担当します。何かを完成させたり、継続することを促します。

hkadカデント(3室・6室・9室・12室)
柔軟サインのナチュラルハウスです。
カデントハウスに天体が入ると、柔軟性、変化を起こす力、探索能力などが与えられ、その天体は肉体的エネルギーを失い、頭脳的エネルギーを授かります。サクシデントハウスで固まったものを「分解・変化させる」段階を担当します。多くは脳内やシステム、ネット上などをフィールドとするため表面上1番見えにくい部分になります。

 

【感受点の簡単な意味】

ASC=生まれ持った性質
DC=他人に求める性質、後天的に身につける性質
IC=根底にある性質、MCの根拠(基盤)、老後に求めるもの
MC=社会的使命、社会的目標

 

【天体が示すもの】

太陽…意思。人生の目的。何をするために生まれて来たか。表現したいもの。オフィシャルな姿。自我、アイデンティティ。父親。女性の場合は夫も表す。(年齢域25~35才頃)

…プライベート。落ち着き。安心。身内意識が発揮される。感情が満たされるまたは解放される。受け身。子供、既婚の女性。母親。男性の場合は妻。(年齢域0~7才頃)

水星…知能。知的好奇心。作業環境、仕事。アイディアや、知識や、情報を得る方法または広める方法。小学生から中学生の若者。中性的な人。(年齢域7~15才頃)

金星…楽しみや快楽。物欲や美意識。社交性。趣味。受け身。女性は恋愛の気分が高まる場所または対象。男性にとっての理想の女性像。母親の女性性。(年齢域15~25才頃)

火星…衝動や怒り。アグレッシブ。負けず嫌いを発揮する。アクシデントが起きやすい。積極的になる。刺激的(刺激を求める)。女性にとっての理想の男性像。(年齢域35~45才頃)

木星…拡大される。援助が得られる。また幸福感が得られる。肯定的になれる。当たり前に受け取れるもの。ラッキーや幸運。慈善活動をする人や社会的に活躍する人、収入や人徳に恵まれた豊かな人。祖父祖母、学校の先生。(年齢域45~55才頃)

土星…自立のためのツール。制限。苦手意識。人生の乗り越えるべき課題、時間をかけて習得していくもの。崩壊と再構築を経験、または起こすもの。独立、自立したキャリアを築いている人。会社の上司。(年齢域55~70才頃)

天王星…革命ポイント。反骨精神。反発心や反抗心を抱く対象。既存概念を覆しあらたな価値観を見出したくなる対象。驚きや発見を求める、または発見する対象。固定概念を覆す風穴。個人主義、異端児、アウトローな人物。フリーランスや研究者。(年齢域70~84才頃)

海王星…理想と夢。ファンタジー。想像が広がりやすい、また混乱しやすい対象。神秘性を感じる対象。騙されたり幻滅したり混乱する可能性も。見えない世界と繋がりやすい。アーティスティックな人物、夢見がちな、浮世離れした人物。自由業やダブルワーク。(年齢域84~)

冥王星…「愛」を知るために設定された強迫観念やブロック。カルマ的なもの。願望。執着。潜在意識的な恐怖心。コントロールしたくなる対象。共依存。大きな変容を経験する。どこまでも深く潜るもとができる対象。依存を抜け自分で行動していくことで願望達成。カリスマ的か、モラハラやパワハラをもたらす人物。(死後)

キロン…コンプレックスの対象。傷を負った感覚がある対象。癒すべき対象、また癒す力のある対象。癒すことにより癒しを得られる対象。医者や先生、カウンセラーのような人物。

 

12ハウスが持つ意味一覧

 

1ハウス
生まれ持った性質そのもの。自我。また幼少期の境遇。作っては壊す作業。自己中心性や衝動。「経験」重視。自分一代で終わる活動に熱意を捧げる。トランジットにおいては開拓、チャレンジ、新たな始まり。仕切り直し。ただ挑戦し経験すること、初心に帰ることや第一歩を踏み出すこと。過剰になると「主観」が強まりすぎ客観性が欠如する。

2ハウス
自分の持ち物がテーマとなる。声、職(収入源)、才能、お金の使い方と稼ぎ方、衣食や生活に関する物、物質と物欲に関する全て。またそれらの価値観。「満たされること、安定、安心すること」に意識が向き安定志向をもたらす。資本主義的価値観に翻弄されやすくなるので「自分にとっての本当の満足」を知ることが大切。過剰になると「持ちすぎる、捨てられない(物質的な意味以外でも)、守るばかりで動けなくなる」という傾向。

3ハウス
兄弟や勉強、コミュニケーション。また竹馬の友のような身近な友人、近所、小旅行、義務教育、マスコミ、メディア、雑誌やゲーム。宣伝、ジャーナリズム、伝達することに関する全て。兄弟がどんな存在か。知的好奇心がどう出るか。コミュニケーション方法はどうなるか。過剰になると「広く浅く」が行き過ぎ、何事も中途半端に終わってしまう。

4ハウス
家庭環境(住居環境)やホームグラウンド、地域、身近なコミュニティ、リラックスできる仲間、自身の根底にあるもの(10室の根拠)、人生の晩年(どのような場所に帰りたいか)がテーマとなる。父親の性質や価値観(または父親がどう接したか)。守る力や絆を結ぶ力が非常に強いハウスで、人生の基盤、木の根のような場所。しっかり根を張ることがテーマ。過剰になると「排他的になりすぎ世界が狭く」なる。

5ハウス
自己表現、創造やエンターテイメント全般、希望や喜び、部活動的な趣味、恋愛や子供がテーマとなる。承認欲求による独創性の発揮。創造性。オリジナリティ。ドキドキやワクワク、感動、ドラマ性。不動のポジションを築き上げる場所。子供の性質や子供への接し方。過剰になると自己顕示欲が強くなりすぎる傾向。

6ハウス
雇用、職場、社会で役立つスキルの獲得(免許や資格など)、専門性。常識やTPO、形式、形式美。社会的奉仕。決まり事、ルールなど。法則性や規則性、整えることについての全て。決められた範囲内で能力を発揮する。健康や薬、ペットもあらわす。働き方。過剰になると「決まり事」に縛られすぎ、批判的に。

7ハウス
自分以外の他者、対人関係、パートナー、結婚がテーマ。また、後天的に身につけていく人格、社会デビュー。身につける(似合う)ファッションの傾向。社交性と客観性。多くの人の中で調和的に個性と自我を発揮する能力。また他者同士を平等に調和させたり、仲介する能力。人間関係によっての成長。縁のできやすい、引きつけやすい人物を示す。過剰になると「平均的」になりすぎ「個性」を失いやすい。

8ハウス
結婚してから得られるもの、結婚後の夫婦関係、遺産、資産、金融、遺伝的な要素、性やセックスに関すること、有形無形の伝統・文化的財産、隠されたもの、深層心理や無意識、オカルトなどがテーマとなる。遺されたもの、受け継がれるものに関する全て。骨董品や古着なども8ハウス。表面上は目に見えない、裏側や水面下で影響力のあるもの。錬金術。過剰になると他者への精神的・物質(金銭)的依存が起きやすく他者とのバウンダリーが失われやすい。

9ハウス
海外、考古学や天文学などの高等学問、大学、教育、哲学や宗教、政治、真理の探求。社会や世の中への考えや正義感がどう出るか。世の中を良くすること、人々が自由に生きるための社会づくりについて。教育者や指導者としての能力。原因をつきとめる能力。答えを導く能力。海外や海外旅行との縁がどう出るか。過剰になると「思想」が独善的で独断的になったり、全能感を持つ傾向。

10ハウス
母親、社会に対する価値観、社会的到達点と使命感をあらわす。母親自身の性質、母親自身の社会に対する価値観。母親によって植え付けられる社会的価値観。こうならなければと思う使命感。社会的な場面でつける仮面、社会的な義務感によって提示するキャラクター。自立のために必要なもの。名刺の肩書き。過剰になると社会的義務感やキャリア志向が強くなり過ぎる傾向。

11ハウス
交友関係、尊敬する友人、援助してくれる人物、同じ意思や価値観を持つ集団(同志・同盟)、キャリアとは関係のない趣味または社会的活動。人類の在り方に対する理想。お金や地位や名誉に関係のない純粋な、未来に目を向けた活動。最先端の情報や技術の共有。友愛。公平性。平等性。過剰になると「選民思想」が生まれる傾向。

12ハウス
集合意識の領域、目に見えないもの、死後の世界、空想の世界、社会から離れた場所(隔離された場所)がテーマとなる。インターネットの世界やゲームやアニメ、ファンタジーの世界。スピリチュアルの世界。社会的弱者。誰もが眠った夜明け前の時間帯(1人の世界)。スケープゴート。自己犠牲、慈愛。無償の奉仕に対する考え方がどう出るか。過剰になると「現実性・社会性・自立心や自我」が欠如する。